地震に強い家

2016年熊本地震

現行の耐震基準では持ちこたえられない!?
 
益城町では、震度7を2回観測。2回目の震度7によって多くの住宅で倒壊などの被害を受けました。特徴的なのは、「新耐震基準」導入以降に建てられた比較的新しい住宅も倒壊したことです。新耐震基準は、震度6強から7の揺れでも倒壊しない水準を求めていますが、強い揺れに2度襲われることは想定していません。

「制震」が注目される理由

繰り返す地震に有効
 
制震構造は、躯体(くたい)の変形を抑えることで、家の躯体自体へのダメージを減らします。制震装置が地震のエネルギーを吸収し、変形量を抑えるという仕組みです。また耐力壁とは異なり、変形後も元に戻り、再び変形を抑える減衰力を発揮します。つまり「繰り返しの地震に対応できる」という特徴を持っているのです。これが「制震」が注目される理由です。

これからの地震対策は「耐震+制震」へ

制震は繰り返し襲ってくる「余震」にも強い!!
 
現在の住宅はすべて耐震仕様です。しかし、現行の耐震基準では震度7以上の揺れに複数回耐えられません。そこで、比較的低価格で導入できるのが制震という技術です。
 
新栄住宅は、住友ゴム制震ダンパー「Mamory」を採用しました。
 
木造住宅用制震装置 Mamory
 
震度6強~7相当の巨大地震に5回耐える
 
高減衰ゴムの力で地震の揺れを吸収、低減し住宅の損傷を大幅に抑えます。巨大地震の揺れを抑制し、さらに繰り返し発生する巨大地震にも効果を発揮します。熊本地震、阪神淡路大震災相当波にて実大住宅実験で実証済です(※2017京都大学防災研究所、2016富山県農林水産センター・木材研究所で実験)。
 
ぜひ動画で違いを見比べてみてください。
 
住友ゴム制震ダンパーMamory実大振動台実験(2017)
再生時間3分40秒